基礎化粧品は30代から意識する!成分重視のチョイス術

笑顔

定番ベースメイクの一つ

ファンデーション

オンリーミネラルはミネラルファンデーションの走りと言える定番のメーカーです。仕上がりが自然で肌に負担の少ないこと、色展開が非常に多いこと、マットとツヤ感の2種類あることが多くの女性に支持される理由です。

ニキビ治療を考えます

顔の手入れ

栄養バランスの変化等でニキビは誰にでも発生し易い症状で、治癒してもニキビ跡が残る可能性があります。ニキビ治療薬の薬効の性質では対処の難しい症状ですが、リプロスキンは肌を修復する効果があるので除去ができる上に、美容の向上に繋がるので人気があります。

基礎化粧品は大事

美容液

スキンケアで一番大事なことは保湿です。洗顔後に化粧水をたっぷり付けましょう。重ね付けしたほうが良いくらいです。ローションパックは常にコットンなどが湿った状態にすれば長時間できます。1日2回することが理想です。

保湿ケアをする

美容液

ハリを与えましょう

30代でも30代前半までは人によって、基礎化粧品をきちんと行っていなくても特に肌トラブルに悩まされていないという人もいます。しかし、30代後半になってくると、より乾燥がしやすい肌になってくるため、薄くしわが出始めたり、たるみが見られるようになって来る人が多くなってきます。これは、正しいスキンケアを怠ってきた人の多くが、早ければ30代前半から遅くとも30代後半には、このようなしわやたるみに悩み始めます。そこで基礎化粧品を選ぶときに工夫したいのが、30代のスキンケアではコラーゲン生成を促す働きがある成分を配合している基礎化粧品を選ぶということです。そして、シワが出やすい目尻やほうれい線の部分を重点的にケアしましょう。

保湿成分とハリ効果

人の肌は20代半ばをピークに、どんどん保水力が低くなっていきます。保水力が低下するということは、肌の潤いがなくなってくるということです。そのため、30代では20代に比べて乾燥しやすくなってきます。若い頃は、乾燥していても肌に異常が見られることはありませんが、30代以上になると乾燥が原因で、近い将来シワとたるみで悩むことになってしまいます。それを防ぐために、30代用の基礎化粧品では高い保湿力があるヒアルロン酸やセラミド、ハリを高めることができるコラーゲンが配合されていることが多いです。コラーゲンはそのままだと粒が大きいため、肌内部まで浸透することができません。そこで、ナノ化されているものやコラーゲンサポート成分が入っている基礎化粧品を選ぶことが大切です。